DHAとEPAの歴史を知る

DHAやEPAが体に良いとわかったのが、イヌイットと呼ばれる種族の人たちの食生活からでした。

 

イヌイットと呼ばれる種族は、魚類やアザラシなどを主に食していたとされており、野菜類を全く食べずに生活を送っていたと言われています。そしてそのイヌイットの血液を調べたところ、イヌイットのほとんどの人の血中脂質が非常に低いという事がわかったのです。

 

血中脂質が低いだけではなく、生活習慣病と呼ばれるような、脳卒中や心筋梗塞の割合も非常に低く、魚を中心の食生活を送ることで、血中脂質を抑えることが出来るという事に気が付いたのが、DHAやEPAの発見につながります。

 

血液を調べると、肉食の人とは全く違う数値が出され、血液の凝固率も非常に低いことが発見されたのが、DHAやEPAの発見の始まりです。

 

 

その後、生活習慣病が少ないイヌイットの食生活からヒントを得て、DHAやEPAの研究が進められ、現在では、サプリメントが販売されるようにまでたどり着きました。イヌイットのように、毎日魚を中心とした食生活を送るという方法も良いのですが、実際に、毎日の食卓が魚だけでは、飽きてしまいますし、長続きさせるのが難しい場合の方が多いでしょう。

 

食品から摂取することも大切ですが、現代ではサプリメントのような非常に簡単に栄養素を摂取できる方法もあるわけですから、一日の摂取量に足りないDHAやEPAは、サプリメントを活用して上手に継続摂取をすると良いでしょう。バランスを取れた食事を心がけながらサプリメントを活用しましょう。