DHAとEPAとは

 

DHAとEPAは、必須脂肪酸と呼ばれる、体に必要な栄養素です。DHAやEPAという呼び名の方が、世間一般に知れ渡っているのですが、DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸であり、EPAの正式名称は、エイコサペンタ塩酸と呼ばれる物です。

 

脂肪という名前がついていると、摂取をするのは体に悪いのではないかと思う人も多いのですが、DHAやEPAは、オメガ3系と呼ばれる、体に良い働きをする脂肪酸であることがわかっています。

 

DHAとEPAは、セットになっているように思われがちですが、別々の栄養素で、DHAは動脈硬化を予防する働きがあり、EPAには精神を安定させる働きがあるとされています。

 

いわしやさばなどの、青魚を中心とした魚類に含まれているのですが、含有量が非常に少なく、食品から一日の必要量を摂取するのは難しいと言われています。そのため、サプリメントを利用して、DHAやEPAを摂取する人が非常に多いのですが、毎日の献立に気を配ることで、食品の中から摂取することも可能です。

 

どちらも摂取することで、生活習慣病を予防したり、改善することがわかっていますし、脳を活性化させることも可能となりますから、歳を重ねた人にもお勧めですし、受験勉強をしている世代にも非常に役立つ栄養素となっています。

 

どちらも、食品やサプリメントから摂取することができるのですが、自分の体で作り出すことができない栄養素となっていますから、DHAやEPAの摂取をするためには、自分自身で意識して摂取を心掛けなければいけません。